こんにちは。AO・推薦入試対策の家庭教師CACAOの高野祐大です。

もう8月も中旬となりました。例年暑い日が続く8月とは打って変わって、今年は梅雨がいま来たかのように涼しいですね。

8月というと、AO入試・推薦入試で大学合格を目指されている受験生の皆さんにとっては、最も大変な時期です。特に、前々から準備をされていた訳でもなく、7月の終業式間際に行われる進路についての三者面談あたりで担任の先生に「夏にAO入試や推薦入試の出願がありますから、出してみたらいかがですか?」とか言われて、慌てふためいてAO・推薦入試の準備をする受験生も大量発生したりします。こうやってAO入試の対策に携わっていると、この時期は色んな人がいてなかなか面白いです。

受験生の皆さんは、担任の先生が「夏休みにオープンキャンパスがあるから行ってきな」的な軽いノリで言っているのか、戦略的に考えてアドバイスをしているのか、見極める必要があります。今回は、よく議論にもなる「なぜ学校の先生はAO入試を嫌がるのか」と合わせて、「AO入試をすすめる先生とすすめない先生」の存在にフォーカスして、受験生の皆さんがいまの自分の状況に合わせて、この夏休みの時期に最適化した大学受験戦略が取れるよう、筆を執らせていただこうと思います。

AO入試を“すすめない”先生

この時期の「AO入試も出願してみたらいかがですか?」と夏休み前の三者面談でいきなり提案してくる先生の存在を理解するためには、まずよく議論にもなる「AO入試をすすめない先生(毛嫌いする先生)」の存在について、そもそも理解しておく必要があります。
これもやはりAO入試対策に携わっているとよく耳にするのですが、「担任の先生がAO入試受験を認めてくれない!」だとか「AO入試は本当に優秀な人だけが受かる入試だから、お前には無理だ」と言われたとか、はたまた「AO入試で受かったやつは入学後に苦労する」だとか、AO入試を真面目に考えている受験生に対して、余計なお節介を焼く学校や先生が一定数存在します。

特にこの傾向は、全員が有名な大学に進学することを前提とする、いわゆる「進学校」によくみられる現象です。

進学校はAO入試を嫌がる – マクドナルドで和食は食えない

なぜ「進学校はAO入試を嫌がる」のでしょうか。「進学校に居ながらAO入試を受験したい」、それは「マクドナルドで和食を食べたい」と同じようなことを言っている状態になってしまっているからなのです。

もちろん、優秀な進学実績を誇るバリバリの進学校でも、AO入試に前向きな意見をしてくれる学校もあることにはあります。でもそれは、「マクドナルドで生姜焼きが食べたい」と言って「ヤッキー」が出て来るのと同じような感覚でしょうか。

しょうが焼きバーガー | メニュー情報 | McDonald’s

暗記が中心となる一般入試では、地頭が良いことも確かに必要ですが、やはりいかに受験勉強に時間をかけ、人よりも多く暗記するかが最重要です。いかに時間がかけられるか。受験勉強以外によそ見をさせている暇はありません。進学校においては、より優秀な進学実績を上げるために、一秒でも多く勉強をさせたいのです。

そんな皆で一丸となって、有名大学合格というゴールに向けて突っ走っているときに、クラスメイトの一人が「私、AO入試で有名大学に合格しちゃった」なんてことになったら、全体の士気の低下に繋がりかねません。

そのような理由から、特に進学校においては、AO入試という手段自体、認めるわけにはいかないのです。

AO入試を“すすめる”先生

一般入試での成果を優先する学校においては、AO入試は抜け道すぎて、すすめられないというのがわかったと思います。
では逆に、この時期によく現れる「AO入試をすすめる先生」の発生要因をみていきましょう。

結果から言ってしまえば、「無知(何も考えていない)」「一般・AOハイブリッド戦略」「一般絶望・AOシフト戦略」の3パターンのどれかに分類できます。一つずつ解説していきましょう。

パターン1.無知(何も考えていない)タイプ

これは記事冒頭で紹介した「○月×日に○△大学のオープンキャンパスがありますよ」的なノリで、軽い情報提供のつもりで、「○月×日に○△大学のAO入試っていうのがあるらしいですよ」と言ってるだけのパターンです。
このパターンで発言している先生に、意図もなにもありません。最も惑わされてはいけないタイプの先生です。

パターン2.一般・AOハイブリッド戦略のすゝめ

これは一般入試を念頭に置きながら、AO入試に多少の合格可能性があると考え、一般入試の勉強と並行して、AO入試に多少時間を割いてでも受験機会を増やすことで、一般入試とAO入試の全体で合格可能性を上げていく戦略を提案しているタイプです。

この戦略は、AO入試対策を得意としている早稲田塾お得意の戦略で、早稲田塾では少しでもAO入試での合格可能性がある生徒には、一般入試とAO入試のハイブリッド戦略を広く勧めています。

【早稲田塾】大学受験予備校・人財育成のための塾(東京、神奈川、千葉、埼玉)

ただ、もとから抱えている受験生が膨大であることから、悪く言えば「数撃ちゃ当たる戦略」とも言えます。早稲田塾は、基本的には一般入試対策の予備校ですから、大部屋の教室で大人数の生徒を教えるスタイルが基本で、それはAO入試対策においても同じです。大人数をいっぺんに効率よくAO入試対策をしていることから、よく早稲田塾のAO入試指導スタイルを「型にはめる指導」と表現されているのです。

AO入試は一対一のやり取りが重要で、やはり個別指導スタイルがベストであると考えています。また、AO入試といえども受験するとなれば、対策に時間が取られるのは必須ですので、AO入試受験を決める前の合格可能性の見極めも重要です。
もしこの「一般・AOハイブリッド戦略」を学校の先生に勧められたのだとすれば、その先生にAO入試における合格可能性を評価されたことになるのですが、まずはその先生の合格可能性診断の的確さを、我々、生徒側が評価する必要があります。
また、AO入試受験を決められたとしたら、対策の環境を考える必要があるのですが、AO入試対策塾をどこにするのか、それとも学校の国語の先生で大丈夫なのか、色々と考える必要があると思います。

ここらへんの考え方、合格可能性やAO入試対策の手段については、また違う機会に書かせて頂ければと思います。

パターン3.一般絶望・AOシフト戦略のすゝめ

これは、一般入試での合格がむしろ難しく、AO入試での合格可能性の方が見込まれる場合に、大学進学を目指すのであれば、AO入試一本で勝負した方がいいのではないかという考え方です。

これも前述の「合格可能性の見極め」の精度を見極める必要があります。学校の先生は一般入試の合格可能性については、いろいろな指標がありますし、データや経験も豊富ですので、一般入試の合格可能性の精度は高いと言えます。
ただ、AO入試合格可能性を見極めることが出来る先生が学校に存在していることは限りなくゼロに近いはずで、そこは既存のAO入試対策に長けている塾・予備校や、自分の判断を信じる必要があると言えます。
ただ、このパターンのアドバイスをもらっている状態であると、一般入試の合格可能性が限りなく小さいことは確かということになります。ある意味、うちじゃ手に負えない、と言われているようなものですので、AO入試一本勝負にかけているためにも、早めの対策が必要になってきます。

ただ、学校側の一般入試への拘束は解ける状態にあるといえるので、もしAO入試に完全にシフトするとなるのであれば、AO入試対策に使える時間は大いにとれますし、先生もAO入試受験に協力的になってくれる状況で、AO入試完全シフトであれば、理想の状況といえると思います。

 

いかがでしたでしょうか。この時期の三者面談における「いきなり!AO入試」問題ですが、先生の意図を把握した上で、判断することで、この夏を有効に活用できると思います。

観点は「無知(何も考えていない)」「一般・AOハイブリッド戦略」「一般絶望・AOシフト戦略」の3パターンで判断し、あとは一般入試とAO入試の合格可能性を出来るだけ正確に判断し、行動する、ということでした。
そして、一般入試の合格可能性は、学校の先生にノウハウがありますが、AO入試のノウハウは基本的にありませんので、外部に託すか、自分で判断するかが必要です。
すぐにAO入試対策塾にアクセスできる状態になってはきましたが、ボッタクられることもありますし、自分を信じるのも良いと思います。

 

「自分を信じる力」、AO入試で最も必要な力の1つです。

この記事を書いた人

高野祐大
11歳よりブロガー。高校1年生から週7日でバイトして、17歳で全国47都道府県を旅した。翌年、東日本大震災が発生し、双葉町支援プロジェクトを立ち上げ。福島の子どもたちに支援活動を行う。学校の成績は偏差値30、評定平均2.2だったが、AO入試を通して、慶應義塾大学環境情報学部に入学。この経験から、AO入試の裾野を広げ、受験生の多様化を目指し、志望校の先輩が未来の後輩にマンツーマンで指導する、シンプルで安価なAO入試対策塾「AO・推薦入試対策の家庭教師CACAO」を設立した。温泉ソムリエ協会認定温泉ソムリエ。